山形大学医学部 耳鼻咽喉・頭頸部外科学講座

ごあいさつ

耳鼻咽喉・頭頸部外科は、生活の質(quality of life)に直接影響する機能を担当しています。人間が人間らしく生きる上でもっとも基本的かつ重要な「感覚」と「運動」の機能を取り扱っています。聴覚(聴く)、嗅覚(匂いを嗅ぐ)、味覚(味わう)、平衡覚(自分の足で歩くためのバランス感覚)などの感覚機能、そして、美味しいものを噛んで飲み込む嚥下・咀嚼機能や家族や友人と会話を楽しむための音声・言語機能を専門としています。

耳鼻咽喉・頭頸部外科は感覚のエキスパートとして、また人間にとって重要な機能を取り扱う診療科として、生活の質の向上のために専門的な診療を提供しています。取り扱う臓器は多岐にわたり、首から上で神経内科や脳神経外科が担当する脳と脊髄、眼科が担当する眼球を除く頭部および頸部の広範囲にわたる領域を担当しています。中耳・内耳・鼻・副鼻腔・口腔・咽頭・喉頭・唾液腺・気管・食道など多くの臓器がその対象となります。

近年、医療技術の進歩にともない、各領域、各疾患の診断および治療の技術も専門分化しています。当科では専門分化した耳鼻咽喉科・頭頸部外科疾患全般において最新の医療を提供できるように各専門分野のエキスパートが診療にあたっています。

私たち山形大学耳鼻咽喉・頭頸部外科は、低侵襲で、安全かつ確実な、機能温存・機能改善治療の開発・改良を行っています。国際的にもトップクラスといえるような最新の医療を目指して、「No Guts, No Glory」(闘志なきところに、栄光なし)の精神で日々切磋琢磨しています。

そして、山形で開発したオリジナルな医学・医療技術を世界のスタンダードにし、一人一人の患者さんに最高水準の医療を提供していきます。

山形大学耳鼻咽喉・頭頸部外科講座教授
欠畑誠治(かけはた・せいじ)